スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガディザスターⅡ
2015年09月06日 (日) | 編集 |
NHKのこのシリーズ、好き。
知識増える。
この数年、世間をざわつかせてる極端な気象についてのお話。
MJOとか初めて聞いたし!

ウィキペディア先生によると…
マッデン・ジュリアン振動(Madden Julian Oscillation:MJO)とは、熱帯赤道域上空で対流活動が活発な領域(大気循環場)が約1~2か月かけて東に進んでいく現象で、大気振動のひとつである。その周期は30-60日程度で、「振動」のように繰り返し発生している。「30-60日振動」や「赤道季節内変動」とも呼ばれる。
実際の天候としては、インド洋西部から太平洋西部にかけての熱帯域における降雨パターンの変化として現れる。この地域では普段から上空で偏西風と偏東風がぶつかりあい、積乱雲(雷雨)が多発しているが、その活動は上空の大気の状態に左右される。典型的なパターンでは、インド洋西部で「平年より雨の多い湿った領域」と「平年より雨の少ない乾いた領域」が対になって出現し、ゆっくりと30-60日程度かけて東に移動していき、太平洋西部に達すると消散する(対流活動の弱い太平洋東部では現れない)と同時に、再びインド洋西部で2つの領域が出現するという推移をたどることが多い。まれに、太平洋東部で消散せずに大西洋を越えて地球を一周することがある。
モンスーンやエルニーニョ・南方振動(エルニーニョおよびラニーニャの総称。略称ENSO)の発生に大きく関与しているとされている。マッデン(Madden)とジュリアン(Julian)により1972年に発表され、現象名は発表者らの名前から付けられた。

ということらしい。
まあ、地球温暖化と、このMJOやらエルニーニョやらが合わさった結果
夏の猛暑、極寒の冬、ゲリラ豪雨、竜巻発生なんかを引き起こしておると、そういうことらしい。

今年の夏は猛暑だっただけじゃなく、その時期が超長かった。
でも8月の中旬のある日を境にきっぱり涼しくなって。
そういうのをありがたがってる場合じゃないのかなあ。
今年の冬は激寒になるのかしら…嫌だなあ。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。