春どらま。
2015年04月14日 (火) | 編集 |
例年よりも長く感じた春の改編期が終わり、やっと新ドラマがスタート
…したけど、この時点ですでに4作リタイア決定。
「天使と悪魔」「心がポキッとね」「医師たちの恋愛事情」「ドS刑事」
あかん。全然面白くない。ついていけそうもない。そんな感じ。
山口智子、久々に見たけど、ロンバケの頃と芝居がまったく変わっていない。
喋り方があの頃のまんまなんだけど、あれって彼女の素なのかな。
昔は気にならなかったのに、今聞くとイラっとするわー。
斎藤工はひたすら気持ち悪かった。
鳥肌もののキモさを感じたドラマなんて久しぶり。
なんだあの昼メロのような演出は!あんな医者イヤだ!ww
しかも外科医なのに指が美しくないとかありえない。
刑事物2作はテンポの悪さと内容の薄さが酷かった。

さて昨日始まった「ようこそ、わが家へ」。
まったく食指が動かなかった作品だけど、見てみたら結構よかった。
ドラマとして「出来がいい」と感じた。
映像も綺麗で凝ってるし、作りが丁寧。
人が死ぬような話ではなく、身近に潜む悪意ってのが怖いね。
いつでもどこでも起こりそう。
しかし、事無かれ主義の気の弱いあの父と息子、見てると苛々するー!笑
まあそう思うのも物語に引き込まれて見てるということだね。
相葉くんはなかなかハマっているのではないか…という予感。
いつものお芝居よりナチュラルで良い感じ。
1話を見た感じでは、犯人は1人ではないような気が…
最初に長男を追っかけてたのはニット帽の男だろうけど
ゼラニュームを抜いたやつとファックスを送ったやつは同一人物で、
家の前に立ってたやつはまた別人では…
でもだとするとあの家、狙われ過ぎか。笑
スポンサーサイト